2007年03月31日

エプソン版ハウルの動く城正面写真

エプソン版の正面写真です。
ハウルの動く城』を本日、ちょっと見直してみましたが、このハウルの飛行形態は映画のラスト数分間しか登場しません。

空中庭園では犬と弟子が走り回り、ハウルソフィーは、マストか、あるいはドームの手すり付き張り出しで寄り添っています。

その後、あの飛行する城はどこへ飛んでいったのでしょうか?
プロペラ付きだけど、羽根で飛んでるから、オーニソプター羽ばたき飛行機)の1種でしょうか?

そういえば、ジブリ映画には羽ばたき飛行機がいくつも登場してますね。

と思っていたら、トンボ型の羽ばたきラジコンがすでに販売されているとは。

"FlyTechDragonfly is the world’s first radio-controlled flying insect. With its’ ultra-light, dual-wing design and “high-flex”, crash-resistant structure, the dragonfly is an easy-to-fly aeronautical marvel. Use the dragonfly indoors or outdoors, controlling its speed, direction and height with the 2 channel digital proportional remote.

下記で動画を見ることができます。
びっくりです。ここまできたかとゆー感じです。
羽ばたくトンボラジコンですよ。

http://www.flytechonline.com/Watch.html





ゴム動力の羽ばたき飛行機はいままで何機かつくりましたが。


P3270014.JPG
posted by 紙人間 at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | エプソン版 ハウルの動く城 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エプソン版ハウル背面写真


エプソン版ハウルの動く城の背面写真です。

プロペラや煙突が見え、お尻のあたりにはこの城の出入り口があるのが見えます。水を汲むためか、バケツが垂れ下がり、縮尺からするとやたら大きいカラフルな洗濯物が旗のように翻っています。
小屋の中にカルシファの姿も見えます。



P3270016.JPG
posted by 紙人間 at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | エプソン版 ハウルの動く城 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサーリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。